謎多き仏教遺跡「ボロブドゥール寺院遺跡群」[インドネシア]

今回、旅曲がご紹介するのは世界三大仏教遺跡の一つとしても知られている「ボロブドゥール寺院遺跡群」です。この遺跡はインドネシア中部のジャワ島にあり、ジャワ島の中心都市ジョグジャカルタの北西約42km程のジャングルに囲まれた場所にあります。周りはムラピ火山という火山に囲まれており、遺跡の面積は約1.5万㎡ほどにもなります。建造は8世紀半頃の当時インドネシアで栄えたシャイレーンドラ朝という王朝時代のダルマトゥンガ王統治下の際に始まったと言われています。この遺跡の形状は欲界・色界・無色界の3界9層からなり、ブロックを積み上げたピラミッドになっています。約5kmにもおよぶ方形壇の回廊には時計回りに1460面のレリーフが続いており、仏像の数は全部で504体にも及ぶそうです。これを一つひとつ見て回るけで、大変ではありますが仏教の歴史を見てとれるかもしれませんね。またボロブドゥールの最大の特徴と言えるのは内部空間を持たない造りであることです。通常の仏教寺院は聖職者のみが入れる内陣と信仰者の人たちが祈りを捧げる外陣とに分かれて造られているのですが、ボロブドゥールはそういった空間の造りを一切もたず寺院全体が分け隔てのない神聖な空間として存在している仏教寺院の中で稀有な存在でもあるそうですよ。きっとこの地で足を踏み入れただけで、漲る神聖な力を感じてしまうのではないでしょうか。私自身はこんなことを言っては怒られてしまうかもしれませんが、信仰心をあまり持たずに今まで生きてきたのですが寺院や教会など神聖な場所と言われる場所は大好きなので、力を感じに行ってみたい場所のひとつでもあります。

Borobudur, Prambanan & Ratu Boko


今回の旅マップ

[map addr=”ボロブドゥール” zoom=”5″]

ボロブドゥールへアクセスの起点地ジョグジャカルタ
ジョグジャカルタはジャワ島にあるジョグジャカルタ特別州にある州都です。この町は伝統的なジャワ美術の中心地として知られており、バティックと呼ばれるろうけつ染め布地を初め、ワヤン・クリと呼ばれる人形を使ってつくられる影絵芝居やラーマヤナバレエ、ドラマ、音楽、詩など多くのインドネシア文化が集約している土地です。またオランダ植民地支配を脱するために起ったインドネシア独立戦争の際には臨時の首都でもあったそうで、ジョグジャ・カルタという名前は「平和の町」という意味をもつ素敵な町でもあります。インドネシア文化を心行くまで堪能できる町です。


ジョグジャカルタおすすめれレストラン

インドネシア料理のイメージ写真

インドネシアは香辛料が豊富な国として知られています。代表料理はサテと呼ばれる鶏肉や山羊肉、牛肉などをスパイスの効いたタレに漬けこんで串焼きにしたものや、ルンダンと呼ばれるお肉をスパイスとココナッツで煮込んだものなどがあります。どの料理も香辛料を用いていることが多く、暖かい気候にあった美味しい料理を食べられるのもインドネシアの特徴です。ではではジョグジャカルタにあるおすすめレストランをご紹介します。

インドネシア様式の素敵な店内で美味しいご飯を「Kesuma Restaurant」
住所:827, Gang Sartono | Mantrijeron, Yogyakarta 55143, Indonesia
お店情報:http://www.kesumarestaurant.com/

ゆったりとした空間で多種多様な料理を「The Sawah」
住所:Sekarpetak RT/RW 01/37 No. 1, Bantul, Yogyakarta 55184, Indonesia
お店情報:http://www.thesawah.com/


仏教の神聖な遺跡「ボロブドゥール寺院遺跡群」。謎の探求と共に漲る力を受けに行ってみてはいかがでしょうか。温かなインドネシアの土地と美味しいご飯も待っていますよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク